珠洲市

珠洲市-ラケット道路


珠洲市(すずし)は、石川県の最先端に位置している。珠洲を代表する伝統工芸の一つに「珠洲焼」と言われる陶器がある。黒灰色の独特の色味が特徴。珠洲市のほぼ全域から珪藻土(けいそうど)が産出され、珪藻土を利用した七輪が江戸時代から作られている。


【Fのさかな】35号 見附島(みつけじま)を空から見てみよう! 4K

島全体が珪藻土でできており、奥能登を代表する景勝地の一つです。弘法大師が佐渡から能登へ渡った際に「目に付いた島」というのが名前の由来だと言われています。