志賀町

志賀町-クリフパーク


志賀町は、能登半島のほぼ中央に位置し、 2005年に旧・志賀町と富来町が合併して誕生した町である。
観光名所としては、「能登金剛」の名で知られる景勝地がある。能登金剛は約30kmにわたり奇岩や断崖が連続する海岸であり、能登半島国定公園のひとつである。松本清張の小説『ゼロの焦点』の舞台となったことで、全国にその名が知られることとなりました。
また、世界一長いベンチ(全長460.9m)が設けられており、こちらもまた観光名所となっています。
ビーチリゾートも有名であり、増穂浦海水浴場(ますほがうらかいすいよくじょう)は「日本の水浴場55選」、「日本の水浴場88選」に選ばれています。


能登金剛クリフパーク周辺

能登金剛(のとこんごう)は、能登半島国定公園の代表的な景観の一つ。石川県羽咋郡志賀町に位置する景勝地。
約30kmにわたり奇岩や断崖が連続する海岸で、松本清張の小説『ゼロの焦点』(1959年刊行)の舞台となったことで、全国的に知られる場所となった。