羽咋市

いしかわの動画-千里浜


羽咋市は能登半島の付け根あたりに位置する。
西は日本海に面し、千里浜と呼ばれる砂浜が南北に延びている。千里浜は、日本で唯一自動車が走れる砂浜の観光道路(千里浜なぎさドライブウェイ)として有名である。
羽咋市の北側には、古くから北陸の大社として知られる能登国一ノ宮気多大社が鎮座している。
羽咋市一帯には古墳も多く、古代豪族の羽咋君(はくいのきみ)に関わるとされている。


 

神子原(みこはら)の棚田

石川県羽咋市にある神子原地区。ここは石川県最大規模の棚田地帯である。緩やかな傾斜面に広がる棚田は、あのローマ法王に毎年献上されている「神子原米」の産地。山間部特有の寒暖差と標高461mの峰から運ばれてくる雪どけの清流で育つため、粘りと甘さが強く、その炊き上がりは、もち米のようにもちもちとした弾力があり、米粒はつやつやと輝いている。能登の里山里海は、食材の宝庫である。


千里浜海岸

千里浜海岸は8kmに及ぶ広い砂浜で、遠浅で波静かな海は海水浴場として人気が高く、日本で唯一、車で走行できる砂浜(なぎさドライブウェイ)です。
水平線を眺めながら波打ち際を走る爽快感は、人生で一度は経験したいドライブ!車はもちろんバイクでも走れる砂浜なんです!
残念なことに、1994年頃までは幅が50メートルほどあった砂浜ですが、2011年の計測では35メートルほどになってしまたようです。石川県では、「千里浜再生プロジェクト委員会」を立ち上げ、様々な取り組みを行って保全に努めています。


朱鷺の台カントリークラブ

朱鷺の台カントリークラブは、「のと里山海道」柳田ICからわずか5分。
能登半島国定公園内にある景観の美しい丘陵コースです。眉丈台と能州台の2つのコースがあり、雄大なコースでありながら、巧みに配置されたバンカーや池により、簡単には攻略できません。
数多くのバンカー、常に変化する風、小さな砲台グリーン・・・そして日本で唯一、グリーン上にバンカーがあるホール。
数々のトーナメントで多くの名勝負が生まれた、一流のプロ達が認める日本有数の難コースがここにあります。